電化製品をよく知る事が大切!

以前、冬場に使用していた暖房器具に、空気を汚さないというオイルヒーターがあります。親戚からいただいたもので、その時までは使わずにしまいこんでいたのですが、子供がインフルエンザにかかり、一人で部屋で過ごす事が多かったため、寒さ対策にと使用してみる事にしました。

タイマーが使えたり暖房の強さも調節する事が出来たのでとても便利でした。スイッチを入れるとじわじわと部屋が温まり、子供も快適に過ごす事が出来ました。

使ってみると思いのほかよかったので、それまで別の寝室で使用していたエアコンの使用をやめ、引き続きオイルヒーターを使用する事にしました。毎日寝る少し前にタイマーで温めはじめ、適温で朝まで使用しました。エアコンのように空気が乾燥しないし、部屋の温まりすぎもなかったのでとても使いやすかったです。

ところがオイルヒーターを使用し始めておよそ1か月が経過したころ、電気料金の請求書が届きました。目にした瞬間身体が凍り付く感じがしました。それまで冬場の使用料金は1万円はだいぶ超えてしまっていましたが、それでも例年と同様ある程度は許容範囲内に収まっていたのですが、その時ばかりは驚きを隠せませんでした。

なんと我が家の電気代の請求金額は、3万円を超えてしまっていたのでした。最初はどこかの家と間違えたのではないかと思い、請求書に間違いなないかどうかくまなくチェックしました。しかし名前も住所も内容的にもおかしなところはなく、首をかしげるばかりでした。

そんなときふと原因を考えてみると、思い当たるのはオイルヒーターを使い始めたことだけでした。慌ててスマートフォンで情報を検索してみると、なんとオイルヒーターは暖房器具の中ではずば抜けて燃費が悪いことが分かったのです。同じように使用した場合、エアコンの方がはるかに金額が安く、それ以外の電気ストーブやホットカーペットなどの様々な暖房器具と比較しても、比べ物にならないくらいに電気の消費量が高かったことを知りました。

知識がなかったとはいえ、正直愕然としてしまいました。その月の電気料金は、すでに支払いをしなければならなかったため、仕方なくそのまま払い込みましたが、その日以来オイルヒーターの使用を完全にやめる事にしました。夜の寒さ対策としては、これまで同様にエアコンに戻し、日中リビングでは石油ファンヒーターを使う事に変えました。石油の値段がいくらか下がってきていたため、電気よりもずっと燃費が良く、おまけに一気に部屋が温まるのでとても効率的でよかったです。

電気の節約に関心が高くなり、それ以来かなり節電できるようになりました。痛い思いをしてしまいましたが、今では良い経験になったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA